子連れでおでかけ

こども館体験記「アスリートと遊べ! ~夏休み編~」

2021年7月30日

浜松こども館 取材ママ体験記

いよいよ、子どもたちの夏休みですね。こども館でも「夏休みわくわくイベント」として、さまざまな企画が用意されています。わが家ではその中の1つ「アスリートと遊べ! ~夏休み編~」に娘たち(7歳、5歳)と参加してきました。

このイベントは陸上選手がコーチとなって、こども館の遊具を使い一緒に遊んでくれたり、新しい遊び方を教えてくれたりするイベントです。娘たちは早速、社会人現役棒高跳び選手のひろコーチと一緒に「トランポリン」へ向かいました。「トランポリンは、身体をまっすぐにしてど真ん中に降りると高く飛べるよ」という、ひろコーチのアドバイスを聞いていざ挑戦!

トランポリン

長女はトランポリンが初めてでしたが、思いっきり高く楽しく飛ぶことができました。

続いて行ったのは「だいちゾーン」。山を登ってはおしりですべって遊んでいたところ、ひろコーチは体育座りの格好で歩いて降りはじめました。次女は「なにそれー」と言いながら、まねをしてみると楽しく気に入ったようで、何度も繰り返し体育座りですべっていました。

だいちゾーン

続いて遊んでくれたのは、しゅんコーチ。すでにしゅんコーチと一緒に遊んでいたお友だちと4人で、ドッチビーをすることに。最初は4人で四角になりパスをしていたのですが、慣れてきたところでしゅんコーチが新しい遊びを提案。制限時間内にフラフープの中にドッチビーを何回入れることができるか。2チームに別れて対戦が始まりました。

フラフープ遊び1

また、フラフープをくぐらせてドッチビーを投げる事ができるか、など、館内の道具をうまく組み合わせた遊びの数々に、こんな遊び方もあるんだなと感心しました。

フラフープ遊び2

他にも「みずべゾーン」で壁を走って天井にタッチしたり、「そらゾーン」のクライミングネットで上まで競走したり。終了時間にはコーチも子どもたちも汗びっしょり。思い切り身体を動かして遊ぶ事ができました。

みずべゾーン

リニューアルしたこども館にもう行った方も、まだ行ったことない方も、このイベントを通して色々な遊び方を見つけてみてはいかがでしょうか?

■アスリートと遊べ! ~夏休み編~
【開催日】2021年7月18日(日)
【開催時間】11:00~15:00(12:00~13:00はお昼休み)
【料金】無料
【対象】どなたでも(未就学児は保護者同伴)
【定員】なし
※次回の開催は、8/5(木)です。

文/むう

こども館スタッフからひとこと

こども館スタッフ

初めての試みとなるイベントです。

たくさんの子どもたちが楽しくアスリートの方と遊んでくれているようで、私たちも嬉しいです。

浜松こども館

この記事は浜松こども館からの依頼によって、ぴっぴの取材ママがレポートしたものです。

こども館・児童館