子育てのヒント

産後ケア事業を利用してみませんか?

2021年10月12日

こんにちは。暑さも和らぎ、赤ちゃんと一緒にお散歩を楽しめる季節となってきました。新型コロナウイルスの感染拡大も心配される中での育児は、お母さんたちにとっても不安が多いことと思います。

がん検診

さて、今回は「産後ケア事業」についてご紹介します。「産後ケア事業」は、出産されたお母さんと赤ちゃんの新生活がスムーズにスタートできるように、市内の医療機関や助産所で、心身のケアや育児のサポートを行っています。利用できるサービスとしては、赤ちゃんと一緒に宿泊をしてケアを受ける「宿泊タイプ」や、日中に施設に行き日帰りでケアを受ける「デイサービスタイプ」、助産師等がご自宅へ訪問をしてケアを行う「訪問タイプ」があります。お母さんの身体のケアや産後の相談、授乳・沐浴指導、育児手技についての具体的な指導や相談、休息など、お母さんのニーズに応じて利用ができるようになっています。

産後ケアを利用できる期間は、産後1年未満までで、他市町村から浜松市に里帰り中の方も利用ができます。利用料金は、利用サービスや施設により異なります。(※詳細は、浜松市子育て情報サイト ぴっぴ「産後ケア事業」をご参照ください)

利用したお母さんたちからは、「助産師がそばに寄り添い、自分と赤ちゃんにあった方法で教えてくれてうれしかった」「育児で張りつめていた緊張が解けて休めた」「何かあったら相談しようと思える場ができ、心の支えができた」など、産後ケア事業を利用してよかったという声をたくさんいただいています。

お産による心身の疲れを取りたい、授乳が上手くできなくて困っている、赤ちゃんのお世話について相談したい、離乳食が始まり授乳のタイミングについて悩んでいる、卒乳について相談したい等々、そんな時には産後ケアを利用してみてはいかがでしょうか。産後のお母さんが安心して育児ができるよう応援します。

また、産後ケア事業などの子育て情報について詳しく知りたい、その他、妊娠・出産・育児等について不安や困り事がある時は、各区の「子育て世代包括支援センター」にお気軽にご相談ください。保健師、栄養士、歯科衛生士があなたの相談に対応いたします。

 文/浜松市保健師 松尾

妊娠・出産