子育てのヒント

はろるどとむらさきのくれよん

2015年7月16日

はろるどは、月夜にふっと散歩がしたくなりました。そこで、むらさきのくれよんで、散歩道を描いていきました。むらさきのくれよんで描くと何でも本物になるのです。
まず、月を描いて、つぎに道を描いて、それから、たった1本しか木が生えていない森も描きました。この木は、りんごの木です。実もたくさんなっています。りんごの番をさせるために、どらごんを木の下に描きました。けれども、自分で描いたどらごんがおそろしくて、くれよんをもった手がふるえました。すると、線もギザギザになり、はっと気が付くと海の中。でも大丈夫、すばやくボートを描いて、帆を上げて海を進みます。
はろるどがむらさきのくれよんで描く空想の世界が、どんどんひろがっていくふしぎな展開の絵本です。でも「ふしぎ」に思うのは大人だけ。日常と空想の世界を容易に行き来できる小さな子どもたちにとっては、日常のすぐそばにある世界なのでしょう。

はろるどとむらさきのくれよん (ミセスこどもの本)
クロケット・ジョンソン
文化出版局
売り上げランキング: 271,973

主人公“はろるど”の大事な相棒は、およそ小さな子どもには不似合いな“むらさき”のくれよんです。この赤でも青でも黄色でもない“むらさき”が、とてもいいのです。出しゃばらず、名脇役、いやいやしっかり仕事をしています。最後のページで、ぽとんと床に落ちたくれよんがちょっぴり短くなっているのは、くれよんが大活躍した証です。
白い画面にむらさきのクレヨンのやわらかい線だけの絵が、子どもたちの想像をふくらませてくれます。ベビー服を着たはろるどの豊かな表情と、一見落書きのような“しか”や“やまあらし”そして“おまわりさん”も、生き生きとしていて魅力的です。“月”が、表紙にもどのページにも描かれていて、はろるどといっしょに散歩をします。最後に、眠ったはろるどを、月が窓ごしにやさしく見守っているのもいいですね。
読んでもらった子どもだけでなく読み手も、はろるどみたいにそのまま夢の中にすーっと入っていけそうな一冊です。

文/子どもと絵本ネットワーク ルピナス 会員 鶴見啓子さん

おすすめ図書